見込み客集めのための3つのステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、中小企業がインターネット行う「見込み客集め」の効果を知り、
それと表裏一体の「顧客生涯価値」を理解し、
この「顧客生涯価値」を継続的に運用するための資金繰りの大切さを あらためて確認しました。

最初にお伝えした
「資金繰りに基づいた売上のしくみ作り」とは
「顧客生涯価値を意識した見込み客集めの仕組み作り」
のことだとお気づきだと思います。

では、どうやれば見込み客を集めることができるのか?
あなたが実行すべきステップは3つしかありません。

ステップ1 目的を一つに絞ったホームページ
単に丸投げしたり、自分がいいたいことを言うホームページを作っても誰も見込み客となってくれません。
そのためには、目的を見込み客集めに集中させたホームページを作る必要があります。
そして、お客さんが思わず自分の情報を入力したくなるようなホームページを作る必要があります。
せっかく集めたアクセスを見込み客に転換するか?
そして、そこには、アクセスしてきた人を見込み客にするための成約率向上の仕組みが必要です。

ステップ2 登録してもらうための仕組みを作ること
アクセスしてきた人に、きちんと関心をもった上で連絡先を登録してもらう必要があります。そのためには、将来のお客様となる人が、自分の連絡先を登録したくなるような仕組みが必要です。
何を提供するのか?
アクセスしてきた人にとって、価値があり、あなたの事業に関連性があるものでなければなりません。そして、当然、見込み客となる人が欲しいものであることが前提です。

ステップ3 相手に「伝わる」文章を書くこと
ホームページでまず第一に目につくのは文章です。
その文章が言いたいことをいうだけの文章、また、専門的すぎる文章の場合、人はすぐにあなたのサイトを閉じて、別のページに飛んでいきます。
相手に「伝わる」文章を心がけないとあなたの自己満足のページになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。