インターネット上における販売戦略、集客戦略の変遷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットでビジネスを展開する変遷をしっておくことは非常に重要です。

最初は、サイトを作る、それだけでなんとかなっていた(気がする)時期がありました。
当然、競合がサイトをもっていなければ、あなただけの独占状態ですから、業種によってはウハウハな時期がありました。
その当時のことが忘れられず、いまの思い出話をする人もいます。
しかし、ご存知のとおり、いまそういう業界はほとんどないといっても過言ではありません。

次に、検索順位を上げる、ことが大きなブームとなりました。
いわゆるSEO対策です。
もちろん、これはいまでも大事です。しかし、いかんせん、あなたの会社の命運が検索エンジンの胸先三寸で決まってしまうという恐怖があります。
これは恐怖でもなんでもなく、事実、検索エンジンのルールが変更されたために、SEO対策だけで売上を作っていた会社が消えていくということもありました。

最近でも、「グーグルの検索エンジンのルールが変わる」、「パンダだぁ」「ペンギンだぁ」(詳細は省きます)といって、大騒ぎになっていました。集客の入り口が検索エンジンの検索結果中心の場合には、検索エンジンの動向にヒヤヒヤしながら生活をしないといけないのです。
ある程度までは自社できちんとできるので、それだけを地道にやっていたところはさほど影響は受けなかったようです。
しかし、怪しい業者などに頼んで、焦った対策をしてしまったようなところは、ルールの変更があるたびに売上が激減してしまうこともあります。業者におかねだけとられて、売上げが下がってはなんにもなりません。

競合がひしめくキーワードでは非常に時間的コストも、運用コストもかかり、なかなか成果をだすまでが苦しいことになります。

そして、広告を使う、ことで集客をすることを考える必要がでてきました。
ここでいう広告は、中小企業でもつかいやすい、検索エンジン連動型の広告のことです。
非常に簡単に設定し、出稿することができます。そして、きちんとしたキーワードできちんとしたページをつくれば、かなり売上げをあげることができました。
もちろん、現在も検索エンジン連動型広告を攻略することは、インターネットでの集客を考える事業者にとってはとても大切です。
しかし、ここで一番大切なのは、管理なのです。
なんとも、この管理がきちんとやるためには相当かっちりとしたノウハウと日々の努力が必要です。
ある程度の規模で広告を運用することになれば、外注することも視野にいれるべきです。
外注するにせよ、業者は千差万別であり、事業者としては悩みが増えていく事になります。

もちろん、ここでの問題は、売上のためには広告費が常に出続けることです。しかし、悩ましいのは、多くのキーワードでたくさんの業者がこの広告を使うようになってしまい、非常に広告コストが高騰していることです。

現在考えないといけないポイントは顧客管理というところになります。
当然、あなたはやっているとは思います。しかし、ネット上で獲得した顧客をきちんとその属性別に管理したり、できる限り自動的に管理したりする仕組みをいれるところまでやっている業者はほとんどありません。
CRM(カスタマーリレーションシップ)という言葉もありますが、どこまできちんと顧客の管理にコストをかけていくかということを真剣に考えないといけません。

大きな広告費をかけて販売の繰り返しでは、単に疲弊してしまうだけになります。
そこで、無駄な広告費を払わずに新規顧客あるいは見込み客をを取得し、その人たちをきちんと管理していく仕組みを構築しておくことが重要になります。

とりあえず、勢いでサイトを作り、広告を出せばなんとかなるという牧歌的な時代はとうの昔になくなっています。
そして、今後はいかに管理をできるか、いかにビジネスの全体戦略から、個別のノウハウ、ツールを使えるかという俯瞰的視点を持てるかどうかが鍵となります。

blog画像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。