客単価をアップするためのテクニック アップセル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アップセルは、きちんとやると非常に単価を高めることになります。

そもそもアップセルとはどんなものなのでしょうか?

具体的には、ある英語の通信リスニング学習教材を購入した直後に、もしかしたらあなたはリスニング、ライティング、グラマーを統合して勉強した方が効果があがるかもしれません、という説明とともに総合学習教材を提案するということが考えられます。
また、お風呂の掃除サービスについて標準パッケージを購入してもらった直後に、実はお風呂の見えない裏側から天井まで掃除してカビ取り、カビ防止コーティングをするお風呂パーフェクトクリーニングサービスがあることを説明して提案するということも考えられるでしょう。

つまり、アップセルとは、お客様が購入した商品・サービスよりもグレードの高い商品・サービスをお勧めして、購入してもらう施策のことです。

特にハードなセールス、説得する必要はありません。すでにあなたの商品、サービスを購入する決断を下してくれています。そこでは、ただ、それぞれのメリット、デメリットを説明し、よくあるケースなどを事例にあげながらも提案させてもらうだけです。

押し売りをするわけではありませんから、最終的にお客様に選んでいただくことになりますが、一定の割合で、上位商品、上位サービスを選んでいただけます。

これは、商品ラインナップがはっきりしていればスグに実行可能です。購入してくれた直後に、上位商品をきちんと説明するだけです。
ぜひ、セールスの流れに組み込んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。