客単価をアップするためのテクニック 限定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

限定は、ありとあらゆるところで利用されているテクニックです。

時間的な限定
数量の限定
場所の限定
などなど、他にもたくさん限定は考えられます。

限定を考える時に使えるメッセージのフォーマットしては

「○○限定」「○○だけ」「○○まで」
「○○でしか手に入らない」「○○でしかお求めいただけない」「○○では手に入らない」
「○○非公開」「一般流通しない」
「お得意様限定」「常連さま限定」「メンバー限定」
「数量限定の○○」「先着○○個」
「レアな○○」「希少な○○」
「ご当地○○」「地元の○○」「○○地方」
「在庫限り」「現品限り」
「特別保存版」「プレミアムバージョン」
「入手困難」「入手が難しい」
「残りあとわずか○○」「残り在庫あと○○」
「掘り出し物」「幻の○○」
「やっと入荷」「ついに確保」

など、いくらでも言葉はでてきそうです。
このほかにも限定感を伝えるメッセージは作れます。

これは客単価を上げることそのものというよりも、成約率アップにもつながります。
とにかく、限定を伝えることができないか、きちんと考えてみてください。
これはまさにメッセージの作り方次第でだいぶ変革をもたらす方法論です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。