客単価をアップするためのテクニック 価値

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テクニックと銘打ってはいますが、伝える内容という意味かもしれません。
見込み客にできる限り、あなたの商品サービスの価値を伝えることです。

では、価値とはどうやったら伝わるのでしょうか?
方法はたくさん考えられると思います。

その中でもWEBや紙媒体で見込み客に刺さる価値の伝え方には3つあります。

① 製法を伝える
その商品を作っているあなたには当たり前のことでも、お客さんやシラナイ人からみたら、特別なことである可能性があります。また、自分が買おうかと悩んでいる商品がどうやって作られているのか、いかにこだわって作られているのかを知ることは、購入への決断を後押しすることになります。

したがって、通り一辺倒に製法を伝えるだけではなく、一工夫して製法をお伝えすることが効果的です。それは、単純なことです。あなたが、あなたのやり方の中でこだわっているところを、手厚くお伝えすることです。

おそらく物作りをしていたら、何か気をつけているところがあるはずです。あるいは、時間をかけて行っている作業があるはずです。その点を、描写とともに理由付けも含めて、きちんとお伝えすることです。

ここでのポイントは「あなたにとっての当たり前」が価値を生み出すということです。

是非、もう一度、あなたの普段の仕事を洗い出して、客観的に見直してみてください。

② 開発までの秘密ストーリー
①は実際製品を作っている現場をきちんとお伝えするという内容です。
ここでは、その製品を開発するまでのエピソードをきちんとお伝えするということです。

  • どうして、その製品を作ろうと思ったのか?
  • そのきっかけはなんだったのか?
  • 開発までの苦労話は?
  • 失敗のエピソードは?
  • 成功したときのエピソードは?
  • いま、どういう思いで作っているのか?

などなど、いくらでもでてくると思います。

もし、あなたの製品を開発したのが先代とか先々代とかなら、そのエピソードやまわりの人から浮かび上がる創業者の話などをいれても興味深いコンテンツになるのではないでしょうか。

これらのエピソードがあなたの商品の価値を増強することになります。
あなたも、自分が好きな商品の昔話とか好きですよね。

③ エビデンス
これはすでに公開しているかもしれません。
エビデンスとは証拠のことです。
一般的に使いやすい証拠としては次の3つが考えられます。
1)既存顧客の声
2)著名人・学識経験者の推薦
3)科学的なデータ
というものです。
関連するものをできる限り集めて、見込み客がアクセスできるようなところで見せてあげることが非常に重要です。
これらは実際にその商品そのものの効果を証明するものです。
できる限り集めましょう。

①、②、③のどれを使えばいいかというと、理想的には全部です。
あるだけ集めて、盛り込むべきです。
そうすれば、見込み客はよりあなたの商品の価値を感じてくれるようになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。