お客さまに行動を促すようにしっかり訴える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたがビジネスをしている以上、お客様にとって欲しい行動やアクションがあるはずです。

それは、購入なのか、申込なのか、資料請求なのか、電話での問い合わせなのか、応募なのか、、、、場面場面で様々な行動があるとおもいます。あなたの頭のなかには、「お客さんにはこうして欲しい」というのがあるのに、それが文字や言葉として相手に伝えない限り、お客さまはその行動をとってはくれません。簡単にはあなたの頭の中をのぞいてはくれないのです。

そうるすと、あなたはあなたがお客様にしてほしいことぉ、素直に、ストレートにしかも具体的に伝えることが必要となります。

分かりやすく、ビジュアル的に想起しやすい伝え方を工夫する必要があります。
そして、そういうストレートな伝え方をした結果、お客様がその行動を意識したタイミングを逃さずに、その行動を起こしやすい環境を構築してあげておくことが重要です。

例えば、具体的には申込方法をハガキだけでなく、FAX、電話、インターネット、、と用意しておくことや、決済方法も銀行振込だけでなく、カード決済、コンビニ決済、着払い、、、などなど用意しておくことなどがあります。

さらに、その行動をすることが非常に正しく、感情的にもうれしく感じられるようなメッセージをとどける用意もしておくことが重要です。

では、こういう行動を促す環境づくりのためには、どんなことがありえるでしょうか?

・たくさん買う事の障壁をなくすための工夫

    • ケース売り、セット売りでの割引
  • ○○円以上お買い上げ無料配送
  • 駐車場まで運ぶサービス
  • 手荷物預かり、生鮮品預かりサービス

 

・してほしい行動をストレートに言う工夫

    • 今すぐお申し込みください
  • まずは、体験してみてください

 

  • 店長のおすすめを試してください

 

・次の行動をとりやすくすための工夫

    • 5分で使える簡単マニュアルを特典として配る
  • 事前相談、無料アフターサービス期間を設置

 

  • 設置サービス、代行サービス

 

・行動を具体的に示す

    • 申込方法をステップバイステップで解説
  • 他のお客様が購入しているシーンを見せる

 

  • 申込書記入例を渡す

 

・申込手段を簡単にする

    • 申込方法をたくさん用意する
  • 前回の申込情報を反映させてすぐに記入完了するシステムにする

 

  • 簡単な注文用紙を配布する

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。