ビジネスモデル

起業無失敗

起業をしたい方のご相談を受けるとよく聞く言葉が

「失敗したくない」

というセリフです。

これはたしかにその通りで、
これまでとはまったく違う環境に飛び込むわけで
すから、単純に恐怖の感情がでてきます。

ただ、一方でみてみると何度も事業を立ち上げて
成功している人もいます。結構います。

ではこれは何が違うんだろうか?
自分にはできるんだろうか?
そもそも、何からやればいいんだろうか?
お金はどのくらい必要なんだろうか?
自分にはまだ知識が足りないんじゃないだろうか?
、、、、

もっともっといっぱい悩みや不安はあるとは思いますが、こういう気持ちや考えが、モヤモヤして、表出する言葉が「失敗したくない」という言葉です。

もちろん、だれもがやるならば成功したいと思います。できれば大成功したいかもしれません。でも、人がうらやむような大成功をおさめるためには、様々な条件や外部環境の良さなども必要になります。

すると、スモールビジネスや、とりわけ最初から大きな資本を活用することができない起業家にとって、重要なのは継続してその事業を届けることができることでしょう。

そこからすると、「失敗したくない」という言葉は直感的ですが、かなり正解だといえます。

しかし、一方で、「失敗したくない」という気持ちが先行するあまり、「守り」一辺倒になってしまい、「攻める」ことを忘れる人も時々います。あたりまえですが、「攻める」ことがないかぎり、得点はとれません。みずからシュートを打つなり、ヒットを重ねてホームを踏むなりしないといけないわけです。

ということは、「失敗したくない」という気持ちが強くなりすぎるあまり、「守って」ばかりいると、結局失敗するわけです。ど派手に失敗しないにせよ、緩やかに死を迎えます。

そうなると、起業して失敗したくない(起業無失敗)ならば、起業家は「守り」とともに「攻め」を意識しないといけません。

ここでは詳しく書いていませんが、「攻め」一辺倒は、コケなければいいのですが、コケると派手に短期間に死を迎えることもあります。

したがって、「攻守のバランス」を見極めることが、「起業無失敗」への唯一の道だといえます。具体的なスキルやノウハウは色々とあるとは思いますが、起業前、また創業したての頃にきちんと整理しておくとよいことををメモ程度に挙げておきます。

・ビジネスモデルの設計
⇒稼ぎ続ける仕組みや稼ぐための法人(人的)関係図作成。これを起業時や創業したてのころにきちんと作っておくことができれば、その後の事業活動のあらゆる面にお役にたちます。たとえば、外部協力者に協力をあおぐ時に明確に説明できます。また、銀行から資金を調達する際にも、明確なビジネスモデルを提示できればかなり信頼されます。また、あなた自身も将来の事業の発展を可視化しながら検討しやすくなります。
・マーケティング全体像の設計
⇒具体的な営業活動図                                ⇒販促ツールの作成 顧客の声を継続的に取り込む仕組み
⇒顧客へメッセージを届ける方法(媒体、スキル)

具体的な方策は様々ありますが、まずは全体像としての俯瞰図=マーケティング設計図を書くことが重要です。これをやっている起業家は少ないと思いますが、自分がやることを明確化することで、その施策のPDCAサイクルを把握しやすくなります。ほとんどの人は、これをいきあたりばったり(例:これが今はやっているらしいからやろう)でやります。資金が無限にあるならいいのですが、そんなことは99%無いので、計画をたてるためにも俯瞰図が必要です。

また、具体的なスキルやノウハウとしては、小資本起業家はアンケートを用いた販促ツールの作成は非常に有効的だといえます。マーケティングの細かい知識や経験がなくても、反応を獲得できるツールを作成することができます。このノウハウの詳細は『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法』で学ばれることをお勧めします。
もし、お客様に継続的に発信をしていく、メッセージを届けていくためにメルマガやブログを書く必要がある場合、また、セールスレターを使ってクロージングしていくことも考える場合には、コピーライティングやセールスライティングを勉強することも必要になってくるかもしれません。自分でみにつけるのは時間がある程度は必要なので、信頼できる外注先をみつけて任せてしまうのも一つの経営判断です。

ただし、セールスレターは、「紙の上のセールスマン」とも言われるように、事業の売上の根幹を担う機能になう可能性もあります。そこで、経営者がそのスキルセットとして、売れる文章を学ぶのも良いと思います。『売れる文章術』を読んでみて、自分ができるのかどうか、どう活用できるかを検討してみることも必要です。

この二冊は事例も豊富なので参考になります。

・資金繰りの知識、スキル                              ⇒資金繰りの管理、銀行対応

事業を拡大していくためには、「資金繰り」について意識を払う必要があります。これはどんな業種でも検討しなければいけない項目だといえます。この延長線上に、銀行との付き合い方の検討もはいります。戦略的な財務対策をおこなっておかないと、あるとき突然資金がつまってしまい、にっちもさっちもいかなくなるケースがあります。

資金繰りは、悪くなってから対処、対応するものではなく、業績が良いとき、伸びそうなタイミングで真剣に取り組まないと、手遅れになります。

自社でやりきれない場合は、外部に委託することも検討してください。
・簡単な経理、税務の知識

これは言うまでもないのですが、基本的なところは知識としてつけておくべきです。実際にどうやって実務をこなすかは、経営判断になります。

 

まだあるとは思いますが、小企業、スモールビジネスで失敗せずに事業を軌道に乗せるためには、ある程度の準備と知識、ノウハウ、が必要です。行き当たりばったりで成功することは、マレですから、是非事前にある程度の準備を忘れないようにしてください。

もちろん、準備ばっかりしていてもしょうが無いので、そこは程度問題ですが、、、。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

発想の次元(ディメンション)を変える

ビジネスを展開していく上で、経営者の発想力はとても重要になります。

わたしは、たくさんの成功事例を日々分析します。その中でも、飛び抜けて高収益を上げているビジネスモデルを分析すると、非常にクリエイティブ、ある意味、芸術的な構造を仕組み化に成功しているケースを見受けます。

とはいえ、多くのビジネスは、すでにあるものからヒントを得て、発想を広げていったものです。既にうまくいっているものをそのまま真似ているということではありませんが、その「枠組み」を活用しているのです。

高収益なビジネスモデル、継続するビジネスモデルを構築している起業家に多く共通するのは、「考え抜く」という点です。最終的に、「どこかでみた」ビジネスモデルであったとしても、そのまんまやっていることは少ないのです。ちょっとした差、「微差」をどこかに組み込んでいるはずです。

その「かすかな」差異を着想し、具体化し、実行するためには、徹底的に「考える」ことが必要です。

この「考える」ことには、机の上で考えることもあれば、リサーチして考えることもありますし、小さくテストしながら考えることも含みます。単に、紙と鉛筆だけで考えるということではありません。

この「考える」行動をする際に、意識すると良いのが、「次元を変える」ことです。どうしても、具体的な事例だけ、あるいは、抽象的なモデルだけ、となりがちですが、実際に新しい発見や着想がでてくるのは、この「具体」と「抽象」を激しく行き来しているタイミングです。

具体的な成功事例を見て、その構造をモデル化し、つまり抽象化して考える素材にします。その「抽象化」されたビジネスモデルを、自分のやろうとしている業界や業種に当てはめてみる。そして、その当てはめを、具体的に要素を考えていき、リアルなものにする。もしある程度望みが高そうなら、リサーチ段階に入って、さらに具体的にする。

別の成功モデルを使い、別のアイデアを具体化してみる。その具体化したモデルをさらに詳細にリサーチしてみる。

と繰り返しになりますが、「具体化」「抽象化」を行き来するのです。

元々、こういう思考方法が得意な方もいますが、普段なれていないと面倒くさいし、どうやったらいいのかわからないという場合もあります。その時には、一定の成功事例を分類した、ビジネスモデルの雛形、テンプレートを用いれば抽象化の苦労は減ります。

つまり、すでに成功しているビジネスモデルを極限まで抽象化したテンプレートを活用して、そのテンプレートに基づいてあなた独自のアイデアを具体化するという作業を繰り返すのです。

「抽象化」するという作業、思考は、非常に疲れますし、時間がかかります。ならば、これは既にあるものを使えばOKです。私たちは、ここに「小資本」で起業可能な、ビジネスモデルとして、「7種22分類の型」を用いて、思考のスピードをあげ、試行錯誤の回数を増やせるように仕組み化した手法を使っています。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

儲かる仕組みを作り上げる

属人的な、あるいは、職人的な仕事はとてもやりがいがあります。

自分が求められている感じが非常に強いですし、習熟して行けばいくほど質の高い成果を生み出すことができます。お客様に届けることができる成果も、どんどん質が高まって行き、満足度も高くなるかもしれません。

でも、案件が増えれば増えるほどあなたは忙しくなりますし、そもそもあなたが請け負える案件数には限界があります。一日は24時間しかありませんし、そのうち何時間かは睡眠をとらないときちんとした仕事はできません。ご飯をたべないといけないし、家族との時間もある程度は必要でしょう。

そうすると、あなたが一つの案件をやりきる時間と労働できる時間、この2つであなたが一人でこなすことができる案件数は決まって来ます。あたりまえですが、ここに上限がやってきます。

お客さんは行列しているけれど、提供できないタイミングがやってきます。行列を作ってくれた人を先頭から順番に答えていってもいいのですが、ビジネス的にみてももったいないですし、そもそも「欲しい」「必要」と思った時に提供できないのはお客さんの要望に応えられないという申し訳ない状況がでてきます。

「能力」に依存したビジネスは、すぐにキャッシュにしやすいケースが多いのですが、労働集約的な状況になります。とりわけ、職人的、もっというとあなたしかできない仕事なら、あなたの24時間が上限として立ちはだかります。

ここまでは、あまり「仕組み」ということを考える必要はありませんでしたが、この後から

次には、あなたは自分のスキルやノウハウを誰かに伝えて、それを代わりにやってくれる人を作る方向にいくかもしれません。

あるいは、自分でできるような方にはセルフで解決してもらうために、教材やセルフキットを作る方向もありうるでしょう。いまなら、オンラインで動画配信を加えて、実行しやすくすることも可能です。

もちろん、少し時間はかかりますが、本格的に自分の弟子や後進を育てるということも必要かもしれません。そのためには、「俺の仕事を見ろ」というやり方もありだとは思いますが、できる限り学びやすい環境を作って、仕組みとして後進が産まれるようにすることも重要な考え方です。(フランチャイズ制度かもしれませんし、汎用的には、前田出氏の「新家元制度」が参考になります)

こうやって、自分のビジネスを客観的に見る事で、現在の自分の問題とお客さんの問題を解決するよりよい仕組みを構築することに
頭をまわしはじめると、世の中にある様々なビジネスが違ってみえるようになります。

この「仕組み構築」へのあたまの働かし方が、ビジネスモデルを考える最初のきかっけです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0